ヒゲ剃り PR

【肌荒れを軽減】カミソリの交換時期とおすすめの替え刃をご紹介!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

カミソリの刃は交換しないとだめ?


丁寧に剃ってもカミソリまけを起こしてしまう、、

結論としては、カミソリの刃を交換しないで使用するとカミソリ負けや肌への炎症を起こす原因になります。

この記事では、カミソリの交換時期の目安や交換のサインなどが理解でき、カミソリ負けや肌荒れの軽減ができますよ。

また、カミソリと替え刃のお得なセットもご紹介しているので、ぜひ活用ください。

カミソリの交換時期は? サインはある?

カミソリの刃にも寿命があり、交換しないと肌荒れやカミソリ負けの原因に繋がります。
ここでは、カミソリの効果時期で悩んでいる方におすすめの方法を4つご紹介します。

切れ味が悪くなる

カミソリの刃の切れ味が悪いのは交換の合図です。

切れ味の低下は、主にひげとの接触による摩擦で切れ味が落ちてしまいます。

切れ味が悪くなると、肌への刺激が増し、何度も同じ場所を剃らなければいけなくなるため、肌に傷をつけるリスクが高まります

剃り心地が悪くなったら、早めに新しい刃へ交換しましょう。

サビると肌にも影響が出る

カミソリのサビは非常に危険なため、早めに交換しましょう。

サビた刃は、鋭さを失い同じ部分を繰り返し剃らなければなりません。その結果、必要な肌の成分まで削ぎ落としてしまいます。

カミソリ負けやニキビなどにサビが入ってしまうと、細菌の成長を促し、感染のリスクを高める可能性があるでの注意が必要です。

そのため、サビを発見した場合は、使用をやめて速やかに新しい刃へ交換しましょう。

期間で決めると良い。目安は約2週間ごとに1回

カミソリの刃を2週間ごとに交換するとベストです。

切れ味で決めてしまうと、ついつい使用期間が長くなる方も少なくありません。そんな方には期限で決めるのがおすすめです。

刃の状態を常に確認することは、一部の人にとっては面倒に感じられることがあるでしょう。

期限を決めることで、刃の摩耗やサビを防ぎ、常に清潔で鋭い刃を保てます

毎日剃るなら2週間ごと週に2~3回なら1ヵ月ごと

毎日剃る場合は、約2週間ごとに交換し、週に2~3回のみ使用する方は1ヶ月ごとの交換がよいでしょう。

カミソリの刃は使用頻度によってその摩耗度が異なります。適切な交換時期を見極めることが重要です。

毎日使用する場合、刃は迅速に摩耗し、サビるリスクが増加しますが、週に2~3回の使用では、刃の摩耗はより遅くなります。

ひげ剃りの頻度が少ない方は、1ヵ月ごとに交換するとよいでしょう。

やすタカ

カミソリメーカーのジレットでは、下記の頻度での交換が推奨されていますよ!

剃る頻度 交換を検討する時期
毎日 1~2週間おき
一日おき 2~3週間おき
週2回 4~6週間おき

引用元:ジレットヴィーナス

カミソリを長持ちさせる方法は3つ!

カミソリの刃は、保管方法や使用前の対策で長持ちさせることが可能です。
また、衛生面やひげ剃りの切れ味も変わるため、ぜひ活用ください。

使用後は水気を取る

使用後のカミソリはよく水洗いし、水気をしっかりと取ることが大切です。

カミソリの刃は湿気によってサビや摩耗しやすため、刃の寿命が短くなる可能性があります。

また、使用後は水分やシェービングフォームなどの残留物が残り、これらの湿気は サビの原因となり、刃の鋭さを損ねます。

水分を拭き取ったり、空気乾燥させたりして、刃の寿命を延ばしましょう

毛の詰まりを除去する

毛の詰まりを効果的に除去するには、使用後のカミソリをお湯の中で振るか、歯ブラシを使って優しくブラッシングする方法が有効です。

カミソリの刃に毛が詰まると、刃の効果が低下し、肌へのダメージや剃り残しが生じます。

そのため、刃の間に詰まった毛や皮脂を除去し、刃の寿命を延ばしましょう。定期的な清掃は、刃の切れ味を保ち、交換時期を適切に延ばすのに役立ちます。

ひげ処理前に毛を柔らかくし、刃への負担を軽減させる

ひげを剃る前に蒸しタオルで肌を温めたり、シェービングクリームを使用して毛を柔らかくしましょう。

シェービングクリームは毛を剃る際の刃への負担が軽減され、刃の寿命を延ばすことができます。

また、柔らかくした毛は肌への刺激も少なく、快適な剃り心地を提供します。

やすタカ

3本セットのシェービングフォームはこちらがお得ですよ!

カミソリの刃はどうやって捨てる?処理方法を解説!

  • お住まいの市区町村によって捨て方は異なります!
  • かみそり(金属製) 不燃ごみ 丈夫な紙等に包み、「キケン」と表示して
  • かみそり(プラスチック製) 可燃ごみ 丈夫な紙等に包み、「キケン」と表示して

使用済みのカミソリの刃は、そのままでは危険であり、適切な処理が必要です

金属製とプラスチック製のカミソリは、それぞれ異なる方法で処理する必要があり、地域によって廃棄方法が異なることが多いため、お住まいの市区町村のルールを確認することが重要です。

不適切な処理は、ゴミ収集作業中の事故や環境汚染の原因にも繋がり、地域のルールに従わないと、罰則の対象となる場合があります。

金属製のカミソリは不燃ごみとして、プラスチック製のカミソリは可燃ごみとして処理します。いずれの場合も、丈夫な紙などで包み、「キケン」と表示してから廃棄することが推奨されます。これにより、安全かつ環境に配慮した処理が可能になります。

やすタカ

必ずお住まいの地域のルールを確認し、適切に処理しましょう!

カミソリにも種類はあるの?刃の枚数や形で選ぼう!

カミソリにも種類があり、刃の枚数の違いやI・T字のような形が異なります。
使用用途によって使い分けることで、綺麗にひげ剃りができるますよ。

刃の枚数の違い

カミソリには一枚刃から複数枚刃(6枚刃)まで様々な種類があり、どれを選ぶべきか分かりにくい場合があります。

敏感肌の方は肌への圧力を軽減できる5~6枚刃のカミソリがおすすめです。1枚にかかる圧力が抑えられ、カミソリ負けの予防にもなるでしょう。

一方、1~2枚刃は切れ味がよく、5~6枚刃に比べて深く剃ることができますが、肌への圧力が強いため、カミソリ負けが起こりやすい傾向にあります。

自分の肌質に合わせて、適切な刃の枚数を選ぶことが重要です。敏感肌の人や精密な剃りが必要な場合は5~6枚刃を選ぶとよいでしょう。

T字・I字の形の違い

使用する部位や目的に応じてカミソリを選ぶことが重要です。

広い面積を効率的に剃りたい場合はT字型を、細かい部分や狭い箇所を丁寧に剃りたい場合はI字型を選ぶことをおすすめします。

頬や顎ひげは範囲が広いためT字カミソリを使用し、もみあげや眉毛はI字カミソリで細かく整えるとよいでしょう。

手動以外にも電動がある

カミソリには手動と電動の二つの主要なタイプがあり、それぞれの特徴や使用状況に応じた選択が必要です。

手動カミソリは操作がシンプルで、独自の角度での剃りが可能ですが、圧力をかけすぎると肌を傷つけるリスクがあります。

対して、電動カミソリは力を加えずにひげの上をなぞるだけで、簡単に剃ることが可能ですが、構造上深剃りがしにくくなっています。

両方を併用することで、さまざまなシチュエーションに対応できるため、資金に余裕がある方はぜひ活用ください。

どんなカミソリを使えばいいの?おすすめは取り替え式の5枚刃!


カミソリの交換が大事なのはわかったけど、たくさん種類がありすぎてわからない、、

そんな方に、安価で敏感肌の方におすすめの5枚刃カミソリを2つご紹介します。
また、ひげ剃り時に必須なシェービングフォームも揃えておくとよいでしょう。

商品価格刃の枚数付属品公式サイト

ジレット
フュージョン
¥4,6445枚刃替え刃
8個セット
公式サイト
シック
ハイドロ5
カスタム
¥2,9465枚刃替え刃
16個セット
公式サイト

ジレット
シェービングフォーム

¥2,485
クリーム
3個セット
公式サイト

ジレット/フュージョン

created by Rinker
¥5,108 (2024/03/02 20:07:10時点 楽天市場調べ-詳細)

ジレットフュージョンは、高性能な5枚刃を搭載しており、長期間にわたって快適な剃り心地を提供します。

特に注目すべきポイントは、低刺激設計になっているため敏感肌の方でも安心して使用でき、滑らかで清潔な剃り上がりを実現。

高品質ながらも互換品であり、コストパフォーマンスにも優れているため、迷ったらジレットプロシールドを買うとよいでしょう。

シック/ハイドロ5カスタム

シックのハイドロ5カスタムは、敏感肌にも安心のスキンガード付き5枚刃カミソリです。

これにより、肌への優しさを保ちながら、非常に滑らかな剃り味を実現しています。

さらに、濃密ジェル搭載のスムーサーが、肌への摩擦を大幅に軽減します。このジェルがカミソリの滑りをスムーズにし、快適な剃り心地を実現。

肌へのダメージを抑えながら、理想的な剃り上がりを得られます。

また、本体(刃付き)に加え、替刃16個が付属しているため、2週間ごとの交換でも最大8ヵ月使用できます。コストパフォーマンスも優れており、日々のひげ剃りを格上げするアイテムと言えるでしょう。

シェービングフォーム

このシェービングクリームは、薬用成分を配合したクリームで、理想的な深剃りを実現します。

泡に変わるジェルがひげを柔らかくし、肌に潤いを与えながら保護します。その結果、快適で滑らかな剃り心地を提供します。

微香性で無着色のため、肌に優しく、肌トラブルに悩む方や敏感肌の方に特におすすめです。ヒリヒリ感や肌の切り傷を防ぎながら、清潔で滑らかな剃り上がりを実現する、究極のシェービングクリームです。

カミソリの交換時期についてのよくある質問

カミソリの交換時期についてよくある質問をまとめました。
ぜひ参考にしてください。

カミソリを交換しないとどうなる?

カミソリを適切な時期に交換しないと、カミソリ負けや肌トラブルの原因につながる可能性があります。

切れ味が悪いカミソリを使用すると、肌へのダメージが大きくなり、肌の赤みや剃り傷のリスクが高まります。また、細菌が蓄積されることで肌の感染症を引き起こす可能性もあるため注意が必要です。

交換の目安としては、使用感が悪くなったり、期限を決めてたりして、交換するとよいでしょう。

カミソリは使い捨てと替刃のどちらがいいですか?

替刃タイプで定期的に交換すると安価で清潔なカミソリが保てます。

替刃タイプは初期投資は高いですが、長期的にはコスト効率が良く、環境にも優しいです。

一方、使い捨てカミソリは手軽で衛生的ですが、コストが高く環境への負担も大きい傾向にあります。

環境問題を配慮し、コストを抑えたい方は替刃タイプがおすすめです。

髭が濃い人におすすめのT字カミソリは?

濃いヒゲの人には、多刃(5~6枚刃)のカミソリや切れ味の良い電動シェーバーがおすすめです。

刃の枚数が多い分、濃いヒゲでも滑らかに剃ることができ、肌への負担を軽減します。

また、剃る前にヒゲを柔らかくするためのシェービングフォームやオイルの使用も効果的です。適切なカミソリを選ぶことで、快適で効果的なひげ剃りが可能になります。

カミソリを清潔に保って綺麗な肌を保とう

  • 2週間ごとに交換するとベスト
  • 使用後は水気を取って清潔に保管
  • カミソリと替え刃セットでお得に購入

カミソリの刃は、交換しなくてもある程度ひげを剃ることができるため、長期間使用する方も少なくありません。

しかし、肌への負担やカミソリ負けのリスクにつながるため、注意が必要です。

替え刃とセット購入することで、買い物の手間を省くことができ、安価で購入できますよ

清潔なカミソリを使って、他のメンズと差をつけちゃいましょう!

やすタカ

カミソリ選びで迷っている方は、下記の替え刃セットが安価でおすすめです!